ɓol*oɔɐԀ

PuppetGuardianとMagicalossの記録
2012-06: « 123456789101112131415161718192021222324252627282930»

TWITTER

NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINK
RSS
  


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* スポンサー広告 * comment(-) * trackback(-) * *
グランウッドの森編
グランウッドの森 万年琥珀編

42 43 44 45 46 47 48 49





#42

また来てくれてありがとう、アーティ・ファクト。

私はこれから、次なる冒険の地、グランウッドの森へ出発するところなの。
グランウッドと呼ばれる大木が林立する、深い深い森よ。
あの森のどこかに、「万年琥珀」と呼ばれる秘宝が隠されていると言われているわ。

グランウッドの森は、精霊たちの結界に守られた、植物や動物たちの楽園よ。
歴史書によると、あの森に人間が立ち入ることはまずできないみたいだわ。
そこで、森の結界を少しだけこじ開けるために、ある宝石が必要なの。

大地と自然の魔力をもつ、緑色をした宝石よ。
名前は忘れちゃったけど、すっごく貴重なものらしいの。
もしアーティ・ファクトがその宝石を手に入れることがあったら、私に譲ってくれないかしら。



ありがとう、アーティ・ファクト!宝石を持って来てくれたのね。
そうそう、エメラルドだったわね。すごくきれいな宝石だわ。
お礼に、雷のアームレットをあげるわね。
水辺のモンスターに挑む時には、身に着けるといいかもしれないわ。

3b0oo9bc.png  矢印  if5e7nc4.png





#43

アーティ・ファクト、この間はありがとう。

おかげで、グランウッドの森に入ることができたわ。
どうやら普通のグランウッドの樹脂では、万年琥珀はつくられないようだわ。
グランウッドの中でもとびきり長い年月を生きてきた、知恵の老木と呼ばれる
大木の樹脂だけが、万年琥珀となるそうよ。

それはそうとあの森では、獣たちが私の匂いを嗅ぎつけて襲いかかってくるの。
このままでは、森の野獣たちに食べられてしまうわ。
なんとかして森の生き物になりきる方法はないかしら?

そうだわ!
蝶の羽根でつくられた、黄色のバタフライマントを身に着けたらいいかもしれないわ。
アーティ・ファクト、なんとかしてバタフライマントを持って来てくれないかしら。



まあ!バタフライマントを持って来てくれたのね。
ありがとうアーティ・ファクト、これならバッチリよ。
お礼に、魔物を呼び出せるという貴重な巻物をあげるわ。大事に使ってね。

yewnxma3.png  矢印  xz6g6nnb.png





#44

いつもありがとう、アーティ・ファクト。

探索は順調よ。ただ、少し困っていることがあるの。
森の中では、頭上に生い茂る葉っぱが日差しを遮ってしまうのよ。
こう暗くっちゃ、道に迷ってしまいそうだわ。
鬼火たちを連れて行ってもいいけど、葉っぱに引火しちゃいそうで心配だわ。

グリーンランタンというアイテムがあれば、火事の心配はなさそうね。
試練の洞窟第二階層の奥で、黄金の河への入り口が発見されたのは知ってる?
あの河に棲むジャイアントアングラーというモンスターからは、
ランタンの材料となる発光液が採取できるそうよ。

というわけでアーティ・ファクト。あのモンスターをやっつけて来てくれないかしら。
数は20匹ほどでお願いしたいわ。よろしくね!



モンスターをやっつけてくれたのね!
ありがとう、アーティ・ファクト。これをお礼にあげるわ。
バレンタインの季節にしか入手できないという、とびきり上質なカカオの実よ。

討伐クエ  矢印  8wu84het.png





#45

アーティ・ファクト、こんにちは。

森へ深く分け入るほど、探索が危険になってきたわ。
見たこともない凶悪な生き物がウヨウヨしていて、襲いかかってくるの。
きっと結界に守られた森の中で、独自の進化を遂げてきたんだわ。
離れた場所からやつらをやっつけられる、安全な方法はないかしら?

そうだわ!大地の力が込められた弓がいいかもしれないわ。
その中でもちょっと協力な、ハイヴェノムボウという武器があれば、
やつら、ひとたまりもないはずよ。

アーティ・ファクト、どこかでハイヴェノムボウという武器を手に入れたら、
私に譲って欲しいの。



ハイヴェノムボウを持ってきてくれたのね!
アーティ・ファクト、本当にありがとう。お礼に、とっても強力なハルバードをあげる。
数回斬りつけただけで、相手は重度の痺れを引き起こすと言われているわ。

  矢印  





#46

アーティ・ファクト、よく来てくれたわね。

あと一歩で、知恵の老木にたどり着けそうってところよ。
でも、あの大木の周りには、毒をもった得体のしれない植物たちが群生しているの。
ちょっと足を踏み入れるだけで、毒性の強い花粉をまき散らしてくるのよ。
このまま進んだら、猛毒に侵されて気絶してしまうわ。

安全に進むためには、毒素を浄化できる魔法書が必要ね。
アーティ・ファクト、そんな便利な魔法書ってあるかしら?もし知っていたら、私に譲って欲しいわ。



まあ!解毒の書ね!これがあれば猛毒なんてへっちゃらだわ。
ありがとう。お礼にこのアームレットをあげるわ。
自然の力をもつ武器と一緒に装備すると、その力を増幅させる効果があるのよ。

7elgs6fb.png  矢印  48u248sc.png





#47

ああ、アーティ・ファクト!私、困ってしまったわ。

知恵の老木が根を張る土の中に、万年琥珀が埋まっているはずなんだけど、見つからないのよ。
周りの土には、すでに誰かが掘り返したあとがあったの。
美しいものに目がないという森の精霊が、持って行ってしまったのかもしれないわ。

となると、森の精霊に会いに行かなければいけないわね。
きっと、知恵の老木の上あたりで遊んでいるはずだわ。
知恵の老木は天高く枝が伸びて、見上げてもてっぺんが見えないくらいの巨木よ。
いったい、どうやって登ればいいのかしら。この神聖な木に、傷はつけたくないわね。

ひとつ、いい考えを思いついたわ。
黄金の河アラクールには、電気ウナギのような生き物が棲みついていると聞いたわ。
その電気ウナギを倒すと、よくしなる鞭の材料が手に入るらしいの。
鞭を枝に巻きつけながら上へ上へと移動すれば、樹皮を傷つけずに登ることができそうじゃない?

お願いアーティ・ファクト!電気ウナギを倒して来てくれないかしら。
そうそう、ウナギってなんだかヌメヌメしてそうだから、火矢の奥義魔法を当てて倒して欲しいの。
そうね、数は50匹ほどお願いしたいわ。大変だと思うけど、よろしくね!



ありがとうアーティ・ファクト!無事でよかったわ。
まあ!アーティ・ファクトったらズブ濡れでヌメヌメじゃない!本当に苦労をかけたわね。
じゃあ、お礼にあたたかいコーヒーを淹れるわ。・・ん?コーヒーはいらない?
そう、じゃあこっちの武器でいいかしら。突かれた相手は凍りつくという、とっても強力なダガーよ。

討伐クエ  矢印  





#48

アーティ・ファクト、よく来てくれたわね。
グランウッドの森の探索は、そろそろ大詰めよ。

ウィップを使って、知恵の老木のてっぺんのほうまで登ることができたわ。
幹にはたくさんの小さな「うろ」があって、いろいろな宝物が隠してあったの。
きっと、森の精霊がどこからか集めてきたのね。
あのうろのどれかに、万年琥珀をしまいこんであるに違いないわ。
今なら誰もいないから、万年琥珀を手に入れるチャンスよ。

一箇所だけ、ひときわ強い自然の魔力を感じるところがあるの。
だけど手を伸ばしても、森の精霊がかけた魔法の力ではね返されてしまうのよ。

アーティ・ファクト、「三つの大地の眼をもつ魔法のガントレット」を知ってる?
身に着けた者の腕には、強大な自然の魔力が宿ると言われているの。
あのガントレットを手にはめれば、万年琥珀をつかみ取ることができそうだわ。
もしアーティ・ファクトがそのガントレットを持ってきてくれたら、
お礼に私のもっているこの迅雷の双腕輪をあげるわ。



すごいわ!ガントレットを持ってきてくれたのね!
地眼のガントレットね。アーティ・ファクト、貴重なものを本当にありがとう。
これで万年琥珀は手に入ったも同然だわ。
これ、約束の迅雷の双腕輪よ。これからの冒険に、きっと役に立つと思うわ。

gbgmi54x.png  矢印  te7gxnkc.png





#49

うーん。
ふむふむ、そうね、そうだわ!
んん?んんんん?へえ、なるほどね。
ふう。これじゃ眉間にシワができちゃうわ。



あら、アーティ・ファクトじゃない!
まあ、新しい眼鏡を持ってきてくれたの?
小さめでシンプルなデザインの眼鏡ね。ありがとう、気に入ったわ。
そう、私の眼鏡じゃ古書の文字がどうにも見づらくて、困っていたの。
こっちの眼鏡はもういらないけど、アーティ・ファクトに似合いそうだからあげるわね。
ちょっと知的な雰囲気になると思うわ。

dwkfu0kb.png  矢印  936aky5w.png




スポンサーサイト
* ◆ Memo * Comment(0) * Trackback(0) * *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。