ɓol*oɔɐԀ

PuppetGuardianとMagicalossの記録
2017-08: « 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»

TWITTER

NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINK
RSS
  


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* スポンサー広告 * comment(-) * trackback(-) * *
2匹の竜の比較

この記事は、前の記事に引き続き
シークレットモンスターに関するネタバレを含みます。




・比較

ゴム人形を使った真赤竜と歴戦真赤竜の容姿の比較

■真赤竜
trrdr_20120907130638.gif

■歴戦真赤竜
rtrdr.gif

特徴的なのが全体の色・傷・目の傷・折れた角

3000レベル上がるまでに何を経験したんだか







2012-09-07 2.52.15

こうやって比較すれば,色が違う!というのも分かり易いかな
縮小していないので原寸大です






・食らったダメージとか

私はフレイア上下+煉獄紋章で炎耐性200%にしていたし、
従者もそれぞれ炎対策をしていたりしていなかったりするので
元となるダメージ量が詳しく分かりません

なので「食らったダメージ」という小見出し


この位置での噛みつき 8856

2012-09-07 13.24.50

初動の位置が悪くて,動き始めて0.5秒後にコレです。

一戦目では、
動き始めて3秒後に従者が1人、その2秒後に更に3人パタリ。
30秒後には8人全員がパタリ。
38000ピッタリの階ならよかったのですが
+5000くらいあるせいでこの竜の周りに雑魚モンスターがいた、というのが原因です


たとえ指示が「強敵は後で」でも、
Lv38000の敵の足元に雑魚がいれば、
従者は雑魚めがけて動きます。大抵それで竜を攻撃してしまい,鱗をかけても起きたりします

いやでもこれは仕方なかった。位置が

2012-09-07 13.38.54)

8856は炎上で11070に。これで従者は即死


これ(8856)は足元にいてのダメージですが、
目と鼻の先にいた従者は噛みつきで10041(炎上で12551)くらい受けて即死。
これは真赤竜よりもダメージ上がってます。
(真赤竜は、噛みつきは8125 or 9242くらいだった気がする)





2012-09-07 13.46.30


火炎の時に口元にいるとちょっと食らいます
これ(1788)は1.25倍されているのでたぶん元のダメージは1430くらい






2012-09-07 13.50.37

炎属性+物理(炎上付加)攻撃
計算とかよく分からないんですが、
フレイア上下+煉獄(炎耐性200%)に毒状態による物理半減,で回復の数値がこんな感じ
977 1323 357


ちなみに、真赤竜の同様の攻撃を同様の条件で受けたときの数値が
2012-09-07 14.00.13)

3587 1213 328

これって炎属性の割合が歴戦は下がっているということ?まあいいや





2012-09-07 13.56.05)

尻尾の往復攻撃 299 2383 2990
この時毒状態だったので,正規ダメージはこの2倍かもしれません






大きさは微妙に歴戦の方が大きいかも。パペットとか飲みこんでないといいね
普通の真赤竜もだけど、レムなしだと本当に命がけ。
メダル足りないよー







ちなみに、その他の部屋ダイジェスト


2012-09-07 15.30.41)

こういう部屋だってあります。

2012-09-07 15.28.12)


2012-09-07 15.28.38)


2012-09-07 15.29.07)


2012-09-07 15.29.47)


2012-09-07 15.30.20)



PCへの負荷も凄まじいのでそういう所も勝負です
ティアマトやドラキマの群れはロードする時に時間がかかります

なんというか、絶対わたし一人じゃこんな所無理!と感じました。
クリティカルの確率を上げてDPSを上げたけれども,フレさんに頼りっぱなしです。


いつものごとく動画から切り取ったので画質が粗くて申し訳ない




パペットガーディアン・攻略ブログ
* ◆ Lost Mythos * Comment(0) * Trackback(0) * *
管理者にだけ表示を許可する

http://puppetlog.blog.fc2.com/tb.php/264-d07cfac4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。